Download PDF Libertarian Critique of Intellectual Property

Libertarian Critique of Intellectual Property (Japanese Edition)

by Butler Shaffer.

Product Details:

  • File Size: 381 KB.
  • Print Length: 25 pages.
  • Language: Japanese.

Download Libertarian Critique of Intellectual Property:

DOWNLOAD PDF   DOWNLOAD EPUB   DOWNLOAD MOBI


Description of Libertarian Critique of Intellectual Property:

Libertarian Critique of Intellectual Property (Japanese Edition)

ミーゼス研究所の紹介文(和訳)

知的財産権の状況はどうであろうか。特許権と著作権は自由社会で合法なのだろうか。

バトラー・シェーファーは何年もの間、ロサンゼルスのサウスウェスタン・ロー・スクールで教えている名高いリバタリアン法理論家である。この研究論文で、彼はリバタリアンの中で多くの興味を引き起こしている重要な問題に言及する。知的財産権の状況はどうか。特許権と著作権は合法か。

シェーファーは根本的なリバタリアンの原則に訴えて答える。人々が互いに自由に交渉する取り決めだけが受け入れられる。強制的な国家によって押し付けられる法律は受け入れられない。この基準によって判断され、知的財産権は落第する。人々は考えや本の販売や伝達を制限する契約をするかもしれないけれども、これらは契約をした人々だけを拘束する。対照的に知的財産法は、人々がそれらを受け入れようが受け入れまいが、すべての人に適用される。これらの法律は自発的な合意を通して生じえない。

知的財産権の擁護者は、発明家と著述家が彼らの仕事の保護を必要とすると主張する。特許権と著作権がなければ、発明と創造的な仕事が妨げられる。シェーファーは過去の大多数の偉大な創造者と発明家が特許権も著作権もなしで仕事をしたと応酬する。例えば、レオナルド・ダ・ビンチとシェークスピアは、この種の国家の特権のようなものがなくても、ずっとうまくやっていた。

「知的財産権に対するリバタリアンの批判」は、リバタリアンの法理論への主要な貢献であり、極めて重要な話題へのなくてはならない指針である。

Source: Amazon.com

Related eBooks

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four − three =

Download eBook (.pdf)

  • Download eBook (.epub)

  • Download eBook (.mobi)